フロントエンド開発Blog

オレには鈍器がある

Atom , JavaScript , nodejs , 機種依存文字

前回の記事(windows使いの僕がAtom.ioのPackage童貞を捨てた時の備忘録 全角半角文字変換パッケージ「japanese-zen-han-convert」公開)でAtomエディタに乗り換えてさっそくパッケージを自作しましたが、また調子こいて作りました。今回は機種依存文字を検出してアラートを挙げてくれるパッケージです。

仕事柄、機種依存文字の検出ができないといけない(どんな仕事だ)のですが、現状誰もこの手のパッケージを公開していないようなので作ってみました。

今までは秀丸のマクロを使ってました。SJISベースなので「コード1000から2000はひらがな」のような区切り方が簡単で、機種依存判定に範囲しぼりこみが使えました。

それが今回のAtomだとunicodeなので結構、いや相当バラバラです。一見連番のようでも実は歯抜けだったり。。もうスマートなやり方は諦めて地道な処理をさせてます。

まぁそれでもnodejs、結構処理速度早いですね。もっといいアルゴリズムが思いつけば書き直したいのですが、ひとまずこれで仕事にならない、ってことは避けられたようです。ふう。

ページトップへ

関連ページ

ページトップへ