フロントエンド開発Blog

オレには鈍器がある

bug , file , input , ios8

追記、iOS 8.0.2で解消されたようです。
とある付き合いでios8 beta5(一般デベロッパーに配布された最終版)を触らせてもらう機会があって見つけたバグらしき動作。なんとinput:fileが動作せず、ファイルアップロードが使えませんでした。現在ios8が正式リリースされましたが、今もなおだめな様子。

ios5以前はそもそもinput:fileがグレーアウトしてそもそも動作しない(強制的にdisabled状態)ため、サイトを訪れた一般ユーザにとっても「ああ、iosはファイルアップロードできないのね」とわかりやすかった(?)と思います。

ところが今回は「ファイル選択」まではできてしまいます。ファイル選択し、FormをPOSTすると「接続が切れました」と表示されるだけで一見すると原因がパケ詰まりなどネットワーク通信の問題か、と勘違いしやすい。

しかもios6,7では問題なく使えたため、昨今のiosユーザからすればまさかios8にしたことが原因で使えなくなったとは想起しにくいと思います。今まで使えてたのに、なぜ?と。

WEB制作やらWEBベースアプリケーションを作っている人にとっては結構大変ですよね。サイトの作りの問題なんじゃないか、ios8ではformの仕様が変わったのか、サーバサイドの問題かはたまたフロントエンドなのか、などなどいろいろと考えてしまう。結局の原因はios8なわけですから、当然こういったバグ探しは徒労に終わる。

ios7時代にはSSL問題をやらかすなど、OSの不具合が目立つ昨今のappleさんですが、ユーザが増えれば増えるほど「ちょっとしたミス」でも「大問題」になりやすい。今のappleさんにとって無茶振りなのかもしれませんが、品質管理によりいっそう力を入れていただけるといいなーと思った次第です。

まぁとはいえios8からはWEBGLが使えたりといろいろと「うん、大好き!」みたいなアップデートも含まれてて個人的には期待してます。まだ自分のメイン端末は7なんですけどね!

ページトップへ

関連ページ

ページトップへ